VENUS4期講義レポート【マネー研修・社会保障】

VENUS4期講義レポート【マネー研修・社会保障】

Venus Money Clubスタッフですピンクハート

 

今日はVenus Money School4期の

マネー研修2本目【社会保障】のレポートをお伝えしますキラキラ

 

 

社会保障制度は、ライフイベントの多い女性には気になるテーマですよねルンルン

 

講師は現役社労士のY先生キラキラ

 

今回は研修中にアシストに夢中になって、

完全に写真を撮り忘れてしまったので、

以前の写真で雰囲気をお伝えしますあせる

 

 

まずは、給与明細の読み方からスタート!

 

 

 

給与明細の引かれるお金(控除額)を1つずつ見ていき、

そのお金は何のために引かれているのかを学びます!

 

 
給与明細を見たときに、
引かれる額の大きさにがっくりすることってありますよね?
 
でも、あの控除の積み重ねによって、
妊娠出産するときに手当てがもらえたり、
 
お仕事中にケガした時や
仕事を辞めた時にお金がもらえるんです!

 

そして、最後は出産・育児に関する制度やお金についてキラキラ

 

 

 

今回は専業主婦や個人事業主のVENUS生もいたので、

会社員とのもらえるお金や制度に違いについても解説してもらいましたお願い

 

 

私は7年前に初めての妊娠をして、

 

6年前に初めて産休・育休を使ったのですが、

今ってその頃より断然制度が良くなっているんですピンクハート

 

 

政府の方針が、働くママや出産する女性を応援するというものなので、

どんどん制度はいい方向へ変えていっているようですキラキラ

 

最近の変更点でいうと、

今まで個人事業主の女性は産休中も健康保険料を払わないといけなかったのが、払わなくてOKになったそうですラブラブ

(会社員の方は元から払わなくてOK)

 

 

女性を助けてくれる社会保証制度は結構あるのですが、

こういった制度は、会社が教えてくれるとは限らず、

【自分から言う】のが原則!

 

image

 

「妊娠してから知らべよう」と思っていても、

体調不良で全然調べられなかったり、

慌ててたから活用漏れがあったなんてもったいないですよね。

 

あらかじめ知っておくだけで安心できるものピンクハート

 

そして、こういった制度が適用されるかは雇用状況が重要!!

 

条件を知らずに妊娠・出産をして後から痛い目を見ないよう

早めに知ることができるのはとってもいいですよねピンクハート

 

 

Venus Money Club