リッチOL小説~25歳、ショップ店員、ちえりの場合④~

リッチOL小説~25歳、ショップ店員、ちえりの場合④~

20××年3

 

29歳になったちえりは、引越作業に追われていた。

 

2年前に掲げた夢がやっと実現しようとしていた。

家を購入したのである。

 

2DK。今住んでいるマンションの2倍の広さはある。

駅から6分と立地も悪くない。

 

キッチン、ベッドルーム、トイレ、お風呂。

それぞれにスペースがあり、生活感のしやすさがある。

 

 

「ここに決めます。」

 

そう言ったのは1か月半も前の事。

立地、部屋の広さ。

オートロックでない点は少し気になるが、それ以外はとても気に入った。

 

まだカーテンの取り付けられていない窓を開けて、目の前の通りを眺めた。

一気に実感が湧いてくる。これからはこの部屋に住むのだと。

 

 

仕事のほうは色々ありながらも、同じ場所で続けられている。

今年で無事3年目の春を迎える事ができた。

 

仕事のできる川崎係長との差は埋まる事はなく、彼女は現在課長となっていた。

 

全てが順風満帆とは言えない。

仕事では怒られてばかりだし、デートはしているがお付き合いしている人も今はいない。

 

それでも自分の人生を生きている実感がある。

今はちえりにとってそれで十分であった。

 

そういえば、かつての恋人であった智くんは、営業の仕事を辞めて今では地元のローカル紙の記者になったと風のうわさで聞いた。

彼に未練はないが、苦手な営業という仕事から解放された事で、楽しい人生を送ってくれていたらと心から思えた。

 

 

7

目黒にある和と洋の融合がテーマの洗練された空間で、今日はマネースクールのランチパーティーが開かれる。

 

この日のちえりは川崎課長と共に浴衣姿で登場した。

 

白地に毬の模様が散りばめられたレトロ可愛い課長と対照的に、

紺地に菖蒲の花模様をあしらった少し大人なちえりの浴衣。

 

髪も美容院で整えてもらい、完璧な状態で臨んだ。

 

「半年に一度のパーティー、いつもながらワクワクするね!

 今回はどんな案件の紹介があるかな♪」

 

体験会を経て同じマネースクールに入った川崎課長は、ちえりよりはるかに多い貯金を武器にどんどん投資を進めていて、もはやちえりの”後輩”とは言えないほど、立派な女性投資家の顔を見せていた。

 

「ちえりさん、浴衣すっごく似合ってますね♡

 お花がインパクトあるのに大人っぽい!」

スクールの同期生の誉め言葉が素直に嬉しい。

 

You have a much better life, if you wear impressive clothes.”

 

「印象的な服を着る事で、人生はもっと良いものになる。」

 

服は一つのステータスの象徴に過ぎないが、心の機微を表すバロメーターでもある。

 

ちえりは今好きな服を着て、好きな場所に住み、今日は美味しいものを食べる。

 

これからもっと充実した日が待っている気がする。

ヴィヴィアンの言葉が実感できる日が来るなんて、

昔の自分では想像もしていなかった。

 

さぁ、パーティーの始まる時間だ。

 

「行こう、白石ちゃん」

 

声をかけられ、席へ向かうちえりの足取りはいつになく弾んでいた。

 


ちえりの物語 完

 

Venus Money Club(ヴィーナスマネークラブ)

 

【1DAYマネースクール詳細】

 

【セミナースケジュール】

 

【Venus Money Clubレポート】

 

【Venus Money School5期について】

 

固定ページ: 1 2 3